ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年12月05日 10:16
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―161―

四人共同経営(一〇)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


私は黒象嵌や白象嵌に使う土を少々、釉薬といっしょに包み、その足で広亭里に向かった。二〇日あまりそこに泊って二〇点以上の作品を作り、鉄道便で送った。帰る途中、金郊駅(黄海北道金川郡)で降りた。そこに高麗青磁を作っている工場があるという噂を聞いたからだ。ところが高麗青磁どころか甕の類ばかりだった。そこにいた老人が、何しに来たのかねと言いながら笑って出迎えた。
「こちらで高麗青磁を作っていると聞いたので、見学したいと思って来たんです」
「そうですか。ここの資本主は開城に住む金氏で、技術者は韓秀景氏です。経営者がすぐに来るはずだから会って行きなさいな」
「それには及びません」
工場を見学した後、停留所に向かうと老人が追いかけて来た。
「お名前だけでも教えてください」
「柳根瀅と申します。私の履歴については開城の高麗青磁工場の黄仁春君にお聞きください」
数日後、外出から夜遅く帰って来ると、訪問客があったようで、名刺が一枚置いてあった。朝鮮民俗陶磁器組合の韓秀景だった。その名刺の裏には小さな字で次のように書かれてあった。
『先生にお会いしたくてやってまいりましたが、お会いできず残念ながら帰ることにします。明日またお伺いしますので、ご多忙でも正午まではお待ちくださるよう、お願い申します』
彼とは会ったことはないが、以前からその名は聞き及んでいた。開城博物館助手をしていた人である。
彼は翌日の朝一〇時過ぎに訪ねてきた。
「柳先生のことは以前からしばしばお聞きしていました。以前からお会いしたく思っていましたが、住所がわからずにいました。この前、工場にいらっしゃったときに開城の黄仁春氏のことをおっしゃいましたので、その黄氏から聞いてやって来ました。失礼ですが柳先生、現在特別なさっている仕事がおありでしょうか?」
「いいえ、とくにありません」
「それでは生計の方はどうなさっておられます?」
「元来身につけた技術が高麗青磁しかないので、風呂敷包みをかついで田舎の工房などを訪ねながら作陶していますよ」
「それでしたら、当分の間だけでも私どもの工場にいらっしゃって、お仕事をなさいませんか?」
「そうですね」
「ご心配なさらず、今すぐに出かけましょう。柳先生のお陰で工場が上手くいけば、先生の功績はけっして忘れません」
私は韓秀景と共に再び金郊に向かった。そして彼の案内で工場をひと巡りしてみたが、この工場はどこもかしこも無秩序で、何からどう手を付けてよいのか分からないという始末だった。

2018-12-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません