ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-10 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年12月05日 10:13
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 任和彬さん(株式会社Municon代表)
韓国料理の次は音楽で交流を

 「たとえばスターバックスのコーヒーのように、世界中で韓国料理が楽しめたらいいなと」
そんな思いではじめた韓国料理専門店は、今や東京・大阪に25店舗を展開中だ。韓国にある複数の老舗のおすすめ料理を同時に楽しめるというスタイルである。実際に韓国で人気がある店の味を紹介する、いってみれば橋渡しのような存在だ。
食文化のコーディネートに成功した任さんの夢は、さらに広がる。次に目指すのは音楽の懸け橋だ。
なぜ音楽かとの問いには「学生時代に歌とダンスを少し…」と照れながらも、音楽が大好きだからと目を輝かせる。
「韓国の曲を日本でよく耳にする時代になりましたが、K―POPに限られている感じですよね。韓国でも日常的に日本の歌を聴く機会は滅多にありません。だからこそ、それぞれの国の名曲を紹介できたらいいと思いつきました。もっと幅広い年齢層で、文化の交流が生まれるきっかけになるはずですから」
韓国音楽のジャンル・時代を問わず、任さん自身が「これはいい」と思った曲を世界へ発信する事業を目指す。
11月下旬、初プロデュースによるカバーアルバムを日本で発売した。どの曲も韓国語と日本語の2パターンがあり、韓日の若手インディーズ歌手が参加している。来年2月には韓日両国でイベントを開催する計画である。
「料理も音楽も素晴らしい文化ですから、できるだけ機会を作って交流の場を広げたいんです」と笑顔で語った。

2018-12-05 6面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません