ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-11-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年12月05日 10:06
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「附逆者ー反逆の確信犯達」上映 
韓国の真実を日本に伝えたい

 附逆者とは、韓国で「国家への反逆に加担した人」という意味で使われる。先月19日、朴槿惠前大統領の弾劾に明確な政治勢力が関わっていたとするドキュメンタリー『附逆者』が、都内で上映された。「いま韓国では、自由と民主主義と法治国家の制度が崩されつつあります。それがいかに我が国と日本にとって危険なことであるか、伝える必要があると思いました」と製作陣は語る。
来年春には続編が公開される予定だ。

写真上:果たして日本は、対岸の火事で済ませることができるのか。YouTubeで日本語字幕版を視聴できる。

 

 

 

 

 
崔工在監督(右)と金逵玟監督

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-12-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
文政権の「公捜處」クーデターを阻止せよ
国民への対決を宣言した文政権
揺れ動く韓国航空業界
【映画】「EXIT」(韓国)
風向きが変わった革命的な国民抵抗
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません