ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-12-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年12月05日 10:02
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「私の後ろにテリウス」

 日本初放送の話題作。人気俳優、ソ・ジソブが2年半ぶりにドラマに復帰。韓国ドラマ初となるポーランドロケを敢行した超大作としても話題となった。ソ・ジソブ演じる伝説のスパイ「テリウス」が、チョン・インソン扮する平凡な主婦とお向かいさんになったことから巻き起こるサスペンスラブコメディ。ソ・ジソブのクールな姿とコミカルな演技のギャップは必見。また、『ゴー・バック夫婦』での好演も記憶に新しいソン・ホジュンが、初の悪役で新境地を開拓した。
◆ストーリー
かつてテリウスというコードネームで国家情報院の特殊任務にあたっていたキム・ボン(ソ・ジソブ)。3年前、ある作戦に失敗して恋人を亡くした彼は、事件の背後にある陰謀を暴くために姿を消した。国家情報院はそんなボンを二重スパイと疑い、行方を追う。ある日、向かいに住む主婦エリン(チョン・インソン)と出会ったボンは彼女の正体を怪しむようになる。そんな中、エリンの夫ジョンイル(ヤン・ドングン)が国家安全保障室長が殺害される現場を目撃し、口封じに殺害されてしまう。ジョンイルの死が、自らが追う犯人と関連があると感じたボンは潜入捜査のため、エリンの子供のベビーシッターを買って出た。
◆放送予定
12月21日(金)スタート。毎週金曜午後8時50分~11時15分。再放送は、毎週土曜午後0時~2時30分。いずれも2話ずつ放送。KNTVで。

2018-12-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国観光公社 KOREA MICE ...
司法を政治に従属させるクーデター
南北政権打倒に向け韓日有志が連帯
「積弊」とされた元機務司令官が抗議自殺
金正恩の韓国に対する最終攻勢本格化
ブログ記事
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
自由統一
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません