ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年12月05日 09:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
京都で韓国語マルハギ大会
150人が勉強の成果を披露

最優秀賞の李俊さん(左)
 「第19回韓国語マルハギ大会」が先月17日、民団京都本部会館で開かれ、150人が参加した。
金政弘・民団京都本部団長や姜星鎭・韓国教育院長らが、「これまで積み重ねてきた成果を発揮するよう」などと参加者を激励した。
韓国語でのスピーチの発表は、韓国人の部と外国人の部の2部で行われ、韓国語教室で学習を重ねてきた日ごろの成果を競った。
休憩時間には南京都支部オリニクラブの韓国舞踊と花音クラブのコーラスが披露された後、祖国解放から南北首脳会談までの歴史、そして韓国歌謡のDVDが上映された。
審査委員長は金情浩・京都女子大学教授が務め、最優秀賞には、「私は韓国人であると感じる瞬間」のテーマでスピーチを行った李俊さんが選ばれ、副賞の韓国往復航空券を射止めた。
主催は、民団京都本部、京都韓国教育院、NPO法人民団国際交流センター、後援は在外同胞財団、駐大阪韓国総領事館、婦人会京都本部、京都国際学園、京都韓国青年会議所、青年会京都本部で、協賛は大韓航空。

2018-12-05 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません