ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年12月05日 09:43
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
京都で韓国語マルハギ大会
150人が勉強の成果を披露

最優秀賞の李俊さん(左)
 「第19回韓国語マルハギ大会」が先月17日、民団京都本部会館で開かれ、150人が参加した。
金政弘・民団京都本部団長や姜星鎭・韓国教育院長らが、「これまで積み重ねてきた成果を発揮するよう」などと参加者を激励した。
韓国語でのスピーチの発表は、韓国人の部と外国人の部の2部で行われ、韓国語教室で学習を重ねてきた日ごろの成果を競った。
休憩時間には南京都支部オリニクラブの韓国舞踊と花音クラブのコーラスが披露された後、祖国解放から南北首脳会談までの歴史、そして韓国歌謡のDVDが上映された。
審査委員長は金情浩・京都女子大学教授が務め、最優秀賞には、「私は韓国人であると感じる瞬間」のテーマでスピーチを行った李俊さんが選ばれ、副賞の韓国往復航空券を射止めた。
主催は、民団京都本部、京都韓国教育院、NPO法人民団国際交流センター、後援は在外同胞財団、駐大阪韓国総領事館、婦人会京都本部、京都国際学園、京都韓国青年会議所、青年会京都本部で、協賛は大韓航空。

2018-12-05 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
米国の対北圧迫で金正恩体制の崩壊も
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません