ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年12月05日 09:27
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日産ゴーン会長逮捕余波
韓国ルノーサムスンへの影響懸念

 日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたことで、韓国・ルノーサムスンにも影響を及ぼすのではないかとの懸念が出ている。韓国・ルノーサムスンは、仏・ルノーの傘下にあるが、日産と仏・ルノー間の関係が悪化した場合、日産からの車の生産受注が著しく減少する危険性があるからだ。
日産が北米市場で販売するローグは、2014年8月以降、年間10万台以上がルノーサムスンの釜山工場で生産されている。今年のルノーサムスン釜山工場の生産台数は25万台程度と予測されているが、同工場の生産車数の40%以上をローグが占める。ローグの委託生産契約は来年9月で終了するが、ルノーと日産の連合関係をベースに後継生産車の受注を模索してきた。日産と仏・ルノー間の関係悪化が同工場の受注に影響を及ぼす可能性がある。
なお、ルノー・グループ、日産、三菱自動車は11月29日、「アライアンス・パートナー各社は、アライアンスの結束について全面的にコミットしています」と、これからも3社連合について変わらないとのリリースを出している。一方、3社の関係性は流動的だと専門家はみており、今後の動向が注目される。

2018-12-05 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません