ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年11月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大阪堺でワールドハッキョ
400人が参加し多文化学ぶ

 大阪府堺市でワールドハッキョが15日、堺市立少林寺小学校で開かれた。
堺市在日外国人教育研究会(市外教)と堺市教育委員会が主催し、民団堺支部も協力している。
チュギハッキョ(秋期学校)からワールドハッキョに改称されて2年目となる今年は、堺市全域から400人余りが参加、各国の伝統遊戯などを学び、楽しんだ。
すでに金剛南小学校、上野芝小学校、原山台小学校でも開かれた。
参加者は、各国の挨拶をそれぞれの言語で学び、各国のジャンケンの掛け声も同様に教わった。世界の羽根けりでは、韓国、中国、フィリピン、ベトナム。ジャンケンは、韓国、中国、マレーシア、ブラジル、ペルー、ガーナ、ベトナムなど、世界の挨拶カルタも学んだ。
その後、チャンゴなどの楽器や、チマチョゴリや中国服の着付け、テコンドーや太極柔力球、世界のクイズなども行われた。今年新たに行われたのは、中国コマ、世界の羽根けり、世界の挨拶カルタ、インドのすごろく作りなど。
呉時宗・民団堺支部常任顧問は、「堺のワールドハッキョの取り組みは大きな意義がある。世界の子どもたちが仲よくなるには文化的な面を学ぶことが最善だ。各国の国際理解教育がさらに深まることを期待している。在日外国人に対する人権問題が希薄化しないように、この取り組みを通して各国文化の体験をし、人権問題への理解も進めてほしいと願っている」などと述べた。

2018-11-28 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません