ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年11月28日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 土台のないところに、建物は建たない。これは家についての言葉であるが、それ以外の場面でもよく引用される。これと似た言葉に、高い建物を建てるにはより大きくて強い基礎が必要というものもある▼例えば日本一の高さを誇る大阪あべのハルカスは、300メートルの高さに対し、その約4分の1に相当する70メートルの杭が基礎に使われた。4年にわたる工期の、これも4分の1近く、約1年が基礎工事にあてられたという▼韓国という国家を、一つの建造物だと仮定してみる。建国から70年。韓国という国家は、世界でも有数の成功と発展を遂げた。植民地から解放され、建国後まもなく国が焦土と化したところから、誰もが一目置く国家となった▼だがこの成功の礎を築いた先人たちに対する評価は、不当なほどに低い。先日、「正しい未来党」の李彦周議員が、朴正熙元大統領がいなければ、韓国は今ほどの成功を収められていなかったはずだと発言した▼李議員の発言は、批判的なトーンで受け入れられた。こうした発言がタブー視されているのが現在の韓国なのだ。朴元大統領の「独裁」という暗部だけをクローズアップし、”積弊”と指弾している▼近代化の礎を築いたのは間違いなく朴元大統領である。この土台の上に、今の韓国は立っている。この冷厳な事実は、韓国だけではない、多くの発展途上国家もモデルにしている▼文在寅政権も経済政策が失敗した以上、朴正熙元大統領の実績を否定することはもうできまい。未来を展望する視点に欠けているからだ。

2018-11-28 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません