ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年11月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史(康煕奉・著)

 1994年、韓国時代劇の大きな転換期を迎えたと、著者は解説する。「朝鮮王朝実録」のハングル版が完成したのだ。史実に沿ったドラマの製作が可能になり、視聴者の支持を得た。『龍の涙』『王と妃』などである。
そして、ファクションと呼ばれるドラマへとつながる。史実に新しい解釈を加え、虚実を巧みに織り交ぜた作品が作られるようになったのだ。代表作が『宮廷女官チャングムの誓い』である。 「朝鮮王朝実録」に10カ所程度の記述しかないチャングムだが、人物像を膨らませてドラマ化し、日本での韓国時代劇ファンを増やすきっかけとなった。
ドラマエピソードのほか、朝鮮王朝の歴史や官僚組織の仕組みも興味深い。
ドラマネタに事欠かない朝鮮王朝時代だが、中でも三大悪女、重大事件の張本人のくだりはドラマさながら、思わず引き込まれる。
実業之日本社・刊
定価=900円(税別)

2018-11-21 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
米国の対北圧迫で金正恩体制の崩壊も
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません