ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年11月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】韓国の文化遺産巡礼(崔禎鎬・著/舘野哲・訳)
文化遺産に寄せる愛情と誇りをつづる

 仏国寺がある千年の都・慶州、全盛期には100万人が暮らしていたとみられる。それは、ローマに次ぐ東アジアのメトロポリスだった―著者が自選した文化遺産を巡るエッセイは、国宝が30点、宝物が73点、史跡が72カ所ある古都慶州から始まる。
新羅の僧・慧超が書いた五天竺(インド)への旅行記『往五天竺国伝』は、東アジアのオデッセイであり、著者を「西洋コンプレックス」から解放してくれた作品であると紹介されている。
出会った瞬間、全身がしびれるように感じた百済観音。それはまるで愛する人との初めての邂逅で、戦慄を感じるようなものだったという。
そして、全羅道致富で民衆芸術として誕生したパンソリは、下からの戦略が文化面で収めた歴史的な成功事例だと分析する。
本書は文化遺産に寄せる著者の、きわめて個人的な感情に基づく思いが語られたエッセイである。不思議なことに、紹介されていく遺産が次々と息を吹き返す。
それは、たとえ悲しみと苦しみに満ちた世の中であっても「命あっての物種とする生命肯定の文化こそが、わが民族の文化だ」と言い切る著者のなせる技なのかもしれない。
クオン刊・定価=2000円(税別)

2018-11-21 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません