ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年11月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】韓国の文化遺産巡礼(崔禎鎬・著/舘野哲・訳)
文化遺産に寄せる愛情と誇りをつづる

 仏国寺がある千年の都・慶州、全盛期には100万人が暮らしていたとみられる。それは、ローマに次ぐ東アジアのメトロポリスだった―著者が自選した文化遺産を巡るエッセイは、国宝が30点、宝物が73点、史跡が72カ所ある古都慶州から始まる。
新羅の僧・慧超が書いた五天竺(インド)への旅行記『往五天竺国伝』は、東アジアのオデッセイであり、著者を「西洋コンプレックス」から解放してくれた作品であると紹介されている。
出会った瞬間、全身がしびれるように感じた百済観音。それはまるで愛する人との初めての邂逅で、戦慄を感じるようなものだったという。
そして、全羅道致富で民衆芸術として誕生したパンソリは、下からの戦略が文化面で収めた歴史的な成功事例だと分析する。
本書は文化遺産に寄せる著者の、きわめて個人的な感情に基づく思いが語られたエッセイである。不思議なことに、紹介されていく遺産が次々と息を吹き返す。
それは、たとえ悲しみと苦しみに満ちた世の中であっても「命あっての物種とする生命肯定の文化こそが、わが民族の文化だ」と言い切る著者のなせる技なのかもしれない。
クオン刊・定価=2000円(税別)

2018-11-21 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
米国の対北圧迫で金正恩体制の崩壊も
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません