ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年11月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「ラブレイン」

©YOON'S COLOR

 日本でも俳優、歌手として絶大な人気を誇るチャン・グンソクと、少女時代のユナが出演するドラマ『ラブレイン』がスタート。本作は2012年に韓国で放送後、映画化された名作。今回は、韓国では放送されなかったシーンも追加し再編集された完全版をお届け。チャン・グンソクは1970年代のソ・イナ、2012年のソ・ジュンの2役に挑戦。ヒロインのユナも『三国志~趙雲伝~』で中国ドラマに初出演するなど、活躍の場を広げている。
ユン・ソクホ監督は、「ヨン様ブーム」を巻き起こしたヒットメーカー。じっくりと観ることのできるクラシカルさが心地良い。
◆ストーリー
1970年代のソウル。美術学科の学生ソ・イナ(チャン・グンソク)は、大学内のベンチに座る女子学生キム・ユニ(ユナ)に一目ぼれしてしまう。ある雨の日、2人が再会したことで互いを意識し始める。しかし、さまざまな障害により2人は別れる道を選んでしまう。2012年、美術学科の教授となったイナはユニのことが忘れられずにいる。樹木医となったユニは、留学中に出会った夫を失い、娘のハナを1人で育てていた。そんな2人が、雨の日に再会を果たす。さらに彼らの子どものジュンとハナも北海道で偶然出会い、反発し合いながらも惹かれ合っていく。
◆放送予定
12月13日(木)スタート(全21話)。毎週月~金曜・午前7時~、WOWOWプライムで。

2018-11-21 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません