ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-01-17 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年11月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
與敵政権を打倒せよ

 従北勢力の大韓民国分裂、破壊総攻勢が展開されている。
今月の7日、登場した白頭称賛委員会などがソウル市内など各地に「金正恩歓迎団募集」という横断幕を設置し、小学校6年生にも金正恩歓迎団に参加申込書を作成させたという。担任の従北先生は傍で黙認したという。
当局の許可のない横断幕などの設置はもちろん違法だ。なのに、違法設置物は主思派政権の黙認の下、行われているようだ。不法なものを設置した者が処罰されたという話もない。現に、仁川のマッカーサー将軍の銅像への放火犯は、2回も放火したが拘束されていない。
大韓民国の建国を否定する歴史捏造が、ついに国会次元で起きた。民主平和党は、今年の「旅順反乱事件」70周年を期して、大韓民国転覆を企てた反乱を蜂起・抗争と美化し補償する特別法案を発議した。
旅順反乱事件は、済州島4・3暴動の鎮圧命令を受けた国軍14聯隊が、建国2カ月後の1948年10月19日、軍内の南労党員によって起きた反乱事件だ。
最近、民労総の都心デモのとき、李石基釈放要求があったが、仏教内の従北集団である「韓国仏教宗団協議会」は、11月20日、曹渓寺の大講堂で、服役中の内乱扇動犯・李石基に今年の仏教人権賞を授与すると発表した。
李石基は平壤側に呼応して、有事の際韓国を攻撃する準備をしていて摘発された反逆者だ。
これに対する右派国民の反撃も激しくなっている。すでに文大統領を與敵罪と外患罪などで告発したが17日、ソウルの光化門を中心として歴史博物館・東和免税店・ソウル駅・鍾路タワー・大漢門などで5万人以上が決起した。
歴史博物館の前の共同行事は、キリスト教会をはじめ、太極旗革命国民運動本部(国本)、文在寅與敵罪告発国民運動本部など多くの右派団体が共同で主催した。自由愛国党のソウル駅集会などの各団体は集会後、一斉に青瓦台に向けて行進した。
集会や市街行進のときの主想派政権への憤怒は、文在寅を與敵罪で死刑に処せよとの一言に現れている。

2018-11-21 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
暗雲立ち込める韓半島
韓国が真の先進国へと脱皮するために
韓国憲政史上最大の暗部 弾劾政変は国...
新しい韓国精神の誕生~「韓半島の未来...
第4次産業革命で変わる世界の産業勢力...
ブログ記事
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
自由統一
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません