ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年11月14日 13:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―158―

四人共同経営(七)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


いま、日本から来る蓋付き白磁の鉢は一ダースで五〇銭です。それも卸売商に渡さなきゃならないから、よく貰っても四〇銭以上にはならないでしょう。ですから、売値四〇銭からすべての費用を引いてご覧なさい。『腹よりへそのほうが大きい』の俚諺通り、費用のほうが多くかかります。そういうわけですから、ここで陶磁器を作るというのは大変な誤算で、とんでもない間違いです。まあ、それもいいとしましょう。でも、若いもんがこんな山間の僻地にまで来て働きますか? この点も問題です」
朴技官はずっと黙って聞いていたが、やがて口を開いた。
 「いまの柳先生の話を聞いていると、すべてごもっともです。柳先生は社会経験が豊かで、利害の計算がお出来ですが、私は紙と鉛筆だけの机上の空論ばかりもてあそぶ素人であることがわかり、自分でも悲しくなりました。すでに機械まで運び込んだものをそのまま放っておくわけにもいかないし、どうしてよいか分からなくなりましたよ」
「でもここは早くあきらめたほうがいいですよ。このまま取りかかると、もっと困難にぶつかるばかりでしょうし、それに日本人が結果を見てどう思いますか? いま、あきらめれば残念なことは残念ですが、さらに大きな損失はないでしょう」
「柳先生のおっしゃることはそのとおりだと思いますが、残念なことですな。この機械や設備品は伐峙と房谷の人たちの血と汗でここまで運んできたんです。やがてうちの国が独立すれば大切に使うこともできるのですが、いまは錆ついて腐らせておかざるを得ないのが惜しくてなりませんよ…」
「まったくおっしゃるとおりです。かといって、将来のことをとやかく言ってみても始まりません。きっぱりとあきらめることが肝心ですよ」
そんなことがあってから三か月くらいして、ある日朴亮根がまた訪ねてきた。今度は僻村でもなく、機械設備も完璧なところがあるという。しかし私はそれに応じることができなかった。机上の空論ばかりしている人とは話が通じないからである。
私が断ったにもかかわらず、彼はまた私を訪ねてきた。彼の切実な哀願に、私は根負けした。もうしかたがないと思い、あきらめて彼について行った。今度は清州にある道庁に案内された。
私はそこで産業局長の日本人に引き合わされた。道庁の局長といえば高い地位にある。というのは、局長から道知事になるケースもあるからだ。
私たち三人はバスに乗り江外国民学校近くに行った。そこにはすでに百キロ級の粉末機一台とプレス機一台、さらに機械轆轤一〇台が備え付けてあった。それに、窯を見ると平窯と登窯の二つがあった。もうすでに基本的な設備は据え付けられていた。

2018-11-14 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国2大航空財閥が混迷
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
ブログ記事
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
「自由韓半島」を護る戦いに「中間」はない[柳根一コラム]
米国の対北圧迫で金正恩体制の崩壊も
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません