ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-09 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年11月14日 13:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「『冷麺』発言はただの笑い話」―太永浩・元駐英国北朝鮮公使
太永浩・元駐英国北朝鮮公使は7日、自身のブログで李善権・北韓祖国統一委員長の発言に触れた。「”冷麺”発言はただの笑い話。北朝鮮では親しい間柄でよく使われる表現だ。おそらく李氏は南北の文化的違いに気づかなかったはず。(無知だったという)それだけで彼を処罰するのは、気の毒だ」とコメントした。李氏は今年9月の平壌頂上会談期間、韓国の企業家たちとの会食中に「こんな状況で冷麺が喉口を通るのか」という無礼な発言をしたとして、韓国で話題になっていた。

「本人の希望あれば奉仕活動を支援」―大韓サッカー協会―
大韓サッカー協会は8日、兵役特例の不正で処罰を受けた張賢秀選手(FC東京)に関して「本人の希望があれば奉仕活動を支援する予定だ」と発表した。スポーツ選手が国際大会で一定以上の成績を上げた場合、544時間の社会奉仕活動により兵役義務を全うしたことになる特例を受けることができる。協会は兵役特例を選択した選手のため、奉仕先の紹介やスケジュール調整など、支援を惜しまない方針だ。市民の間では「支援するなどもってのほか」「処罰は何のためだったのか」といった厳しい声も聞かれた。

 

2018-11-14 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
決戦に出た脱北者
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
自由統一
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません