ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年11月07日 12:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
対馬支部設立総会
民団長崎

設立総会のもよう
 民団長崎対馬支部の設立総会が10月18日、対馬市内のホテルで開かれ、初代支団長に金鍾鎬氏が選出された。この日は市内在住の在日同胞ら26人のほか、徐元喆・民団中央本部事務総長、姜成春・長崎本部団長、対馬市観光交流商工部の俵輝孝部長らも出席した。
対馬支部は1950年、全国で46番目の地方本部として結成。その後、同胞数の減少などにより2006年2月に中央本部の直轄となった。同年4月に直轄が解除されたが、17年には連絡事務所が閉鎖されていた。
対馬は近年、韓国からの旅行者が急増しており、昨年は前年比9万人増の約35万人に達していた。観光客同士のトラブルやマナー違反などで地元住民とのトラブルが度々発生しており、地元住民や対馬市からは民団支部の早期開設を求める声が多く聞かれていた。
新たに開設された対馬支部の活動方針には、同胞宅の戸別訪問実施や韓日友好・共生促進、韓国人旅行者センター開設、韓国観光事業者対策などが盛り込まれた。
金支団長は「韓国人旅行者と対馬の懸け橋としての役割を果たしたい」と述べている。

2018-11-07 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません