ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年11月07日 08:18
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「平統委員は肩書だけ」
海外同胞問題研究所セミナー

 大統領の直属機関「民主平和統一諮問会議(平統)」の必要性を問う討論会が開かれた。10月30日、海外同胞問題研究所(李求弘所長)主催の討論会に出席したプレゼンターたちの意見は、そろって否定的なものだった。
張テハン・UCリバーサイド大学教授は「大多数の平統委員たちが『肩書だけ』と認識しており、さらにこれを取り巻く諍いが発生する。平統委員数を大幅に削減すべきだ」と主張した。張教授はまた、平統の副作用として「現地の韓人同胞社会において、政治力伸長の足かせとなっている」と述べ、韓人の権益向上及び在住国と韓国間の関係発展に貢献するための代替組織が必要であると指摘した。
権容大・在外同胞財団日本地域諮問委員は「平統は、韓人社会を対象とした現在の政府広報レベルではなく、保守層を取り込むような事業の推進を建議する」と表明した。

2018-11-07 3面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません