ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年11月07日 07:54
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各店舗で無人化進展
賃金引上げが失業生む結果に

 最低賃金の急激な引き上げによって、人件費削減のため各所で無人化が加速している。賃金上昇の影響が大きいコンビニや飲食店業界はもちろん、銀行までその影響が広がっている。
韓国セブンイレブンは先月24日、蔚山市ロッテシティホテルで無人店舗をオープンした。セブンイレブンは、システム構築と運営方式を確立するために、昨年の5月から無人店舗を3カ所開設、試験運営をしていたが、蔚山市の店舗から本格稼働となる。同店舗は各種決済システムや静脈認証出入管理システムなど、無人化の核心となるIT技術を活用し、完全無人化を実現した。
韓国ピザハットは8月、サービングロボットを2週間試験運用した。このロボットは、店内で飲食品を運ぶロボット。障害物を認識し、試験運用では高い評価を受けている。
タッチパネル操作などでサービスを受けることのできるキオスク端末の利用も広がっている。2014年、ハンバーガーチェーン店を中心に導入されたキオスク端末は、端末1台が平均1・5人分の労働力を代替する効果があるとされている。16年から展開している人気ベトナム麺チェーン店「ミスサイゴン」はキオスク端末を積極的に活用し人件費を節減、他店に比べリーズナブルな価格を実現。現在「ミスサイゴン」は全国約260カ所の店舗を持つまでに成長している。
銀行も無人化を進めている。現在、インターネット、モバイルなどの非対面取引が全体取引量の9割を超えており、従来型の銀行店舗の数は毎年減っている。単純なATMを超え、遠隔操作や画像通話を通じて、今までは窓口でしかできなかった業務を行うほどだ。6月末で、6銀行・全国87支店でこういった高機能無人化機器が活用されている。
生活の質の向上を目的に実施された最低賃金の引き上げだが「結果的に、雇用をなくし失業率を高めた。無人化技術の発展が加速しただけ」との声が上がっている。

2018-11-07 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません