ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年11月07日 07:53
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国造船業、7年ぶりに首位奪還
資材や固定費の上昇など課題も

 韓国造船業は、7年ぶりに船舶受注量世界1位を中国から奪還する見通しとなった。
英国市場調査会社クラークソンによると、今年上半期の累計受注量は、現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋など3社で、世界全体の45%に達している。昨年まで受注量トップだった中国は31%にとどまることから、今年の船舶受注量世界一となる可能性が高まった。
今回の造船業の躍進は、現代商船が20隻の大型コンテナ船の発注をビッグ3に等しく分けるなどの国内需要、海外からのLNG(液化天然ガス)・超大型タンカーなどの高付加価値受注の増加などが要因だ。特に韓国のLNG造船技術は世界最高クラスと評価されているため、これからもLNG船の受注が増えると期待。
一方で一時的な回復であり、楽観するのは早い、という見方もされている。ビッグ3以外の中小造船企業や部品企業の状況はあまり変わっていない。ビッグ3に受注が集中してマージン率が低い。資材価格や人件費などの固定費が上昇しているなか、価格競争により低価格で受注、利益が出ない状況に陥っている。今年第3四半期のサムスン重工業は赤字幅が拡大し、4期連続の赤字となった。現代重工業は同期営業利益は黒字に転換しているが、造船部門だけをみると営業損失が拡大。大宇造船海洋の同期の実績発表は11月中旬で、3社のうち唯一、3四半期連続で黒字になると予測されている。第4四半期には各社、船の引き渡しが行われるので実績は改善されると見られる。

2018-11-07 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません