ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年11月07日 07:46
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 韓日関係が、最悪の方向に進んでいる。いうまでもなく、韓国の最高裁にあたる大法院が下した判決が発端だ。日本企業に元徴用工への損害賠償を命じたこの判決には、日本サイドから「国際法に照らしてあり得ない」(安倍首相)などと厳しい声が寄せられている▼韓国では政府が司法の判断に関与することなどなく、韓国政府は「司法の判断を尊重する」(李洛淵総理)という立場だ。しかし韓国では三権分立は崩壊している。日本側では与党を中心に、韓国に対する”報復”が検討されている。野党からも、韓国擁護の声は聞かれない。それだけ大法院判決のインパクトは大きい▼この問題の本質は従北・主思派の文在寅政権の下で行われていることだ。1965年の韓・日国交正常化と共にすでに解決済みの問題を司法の力を借りて、改めて問題にすることによって、韓日友好関係を崩壊させようとする意図が明らかだ▼在日韓国人、特にその代表団体である「民団」は文政権の本質を見極め、友好関係にある日本の政・財・官・学、各界の人士たちに、韓国の国民全体が文大統領とは異なる考えをもっていることを強く訴えなければならない。「韓国人」と「韓国政府」とは異なる。責められるべきは、「文在寅政権」だ▼平壌南北共同宣言を支持するため、団長は談話文をいち早く発表した。なぜ今回の「徴用工」の判決に対して、民団としての姿勢を表明しないのだろうか。韓日の懸け橋になるというのはどういうことなのか。今だからこそ考えてほしい。

2018-11-07 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません