ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年10月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―156―

四人共同経営(五)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


「滞りなく準備しようと思えば、どうしても三、四か月は必要だよ。だからあまり焦ったり心配しないで、うまく処理するようにしなさい。それから製品が出来上がって知らせてくれれば、当分の間は私が見てあげるから。鍾九を連れていけばことは簡単だから、安心して行きなさい。そして、開城に行ったら信用をなくさないように、がんばれよ」
鍾九とは黄仁春の長男だ。
 黄仁春を開城に送ってからというもの、崔仁煥が疲れのせいかブツブツ言い出した。どうせなら自分を送るべきだったのではないかと、私に文句をぶつけるのだった。挙句の果てには、黄仁春を送ったのは、私が二重の収入を得るためだと言って罵るようになった。私はこんなことになるとは思わなかったが、ごたごたはご免だった。そこで崔南星に、辞めたい心の内を語った。すると南星は、
「この工場は柳さんが作ったものなのに、仁煥君に負けてはいけないよ。いきさつから言うと、仁煥君のほうを追い出すべきだよ」
「そうしたら仁煥君が失業することになるから、むしろ私のほうが辞めることにするよ」
「そんなに開城行きを望むなら、仁煥君に開城へ行って働けといえばいいのに、どうして柳さんが辞めなくちゃいけないんですか。この工場はどうなるんですか?」
「仁煥君を開城に行かせたら、今度は仁春君がどう思うかな?」
翌日、私は二人を座らせて話をした。私は諄々んで一言半句も吐かなかった。
「われわれ三人のうち誰かが不満を抱きながら仕事をすれば、うまく行くはずがない。いっそ私が辞めるから、二人でちゃんと運営してくれないか」
そう言い残して、私はすぐに工場を去った。
その後、私はときどき開城にある黄仁春の工場を訪れ、彫刻をやってあげたりした。そんなある日、朴亮根が訪ねてきた。彼は日本の工科大学窯業科出身で忠清北道道庁の技官だった。道庁で彼を招請し、直営の陶磁器工場建設の計画を立てる一方で技術者を探し求めていた。そこで、私の名前が挙がったという。彼が言うには、忠清北道丹陽に工場候補地を定め、設備もほぼ調えているとのことだった。
私は彼について行った。バスに乗り丹陽に行き、そこで一泊した。翌日、丹陽郡大崗面まで二〇里(韓国の一里は約四〇〇メートルほど)の道を歩いた。新しく作られた道はよくできていたが、移動の手段は何もなかった。さらにそこから険しい山道を二〇里あまり行くと、房谷という村が現れた。
あちこち点在する家屋を数え上げてみてもやっと二〇戸ほどにしかならない閑村だった。

2018-10-31 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません