ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年10月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
未償還の医療費増、財政に影響
10年間で256億7800億ウォン

 健康保険審査評価院の「応急代支給金現況」によると、2008年から18年8月までの10年間、政府が応急治療を受けた患者に代理支払いを行ったケースは7万363件・金額332億9300万ウォンであることがわかった。このうち患者から返済を受けたのは1万5923件・金額29億1600万ウォンだった。償還率は、金額基準で8・76%という低い数字だ。
未償還の医療費のうち、時効となる3年が経過したもの、徴収できる可能性なしとの判断を受けたものは4万8744件で、金額は256億7800万ウォンに上る。
保健福祉委員会所属の議員は「問題は償還能力があるにもかかわらず、故意に滞納している事例が非常に多いということ」だと指摘する。
実際、08年より今年8月までの未償還患者1万7593人を対象に所得実態調査を行ったところ、8・1%の1428人は本人もしくは償還義務者(扶養家族)の支払い能力が十分であると確認された。償還義務者とは患者本人、配偶者、1親等以内の直系血族とその配偶者をいう。
前出の委員は、「福祉財政の破綻を防ぐためにも対策を講じなければ」とコメントしている。
この制度は、緊急治療が必要な患者が経済的問題で治療が受けられないことを防ぐため、「応急医療費未回収代理支給制度」として1995年から施行されているもの。
応急患者を診療したものの、治療費を受け取れなかった病院に政府が診療費を代わりに払い、その後、償還義務者から返済してもらうという仕組みで、患者が応急室院務課で「応急診療費未納確認書」を作成し、申請すればこの制度を利用することができる。
急性意識障害、急性呼吸困難、中毒、急性代謝障害、開腹手術が必要な急性腹痛、火傷、多発性外傷など、応急患者は後を絶たない。一刻を争う状況で、効果的かつ速やかな対策が必要とされている。

2018-10-31 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません