ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年10月31日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
CPTPP加入を再検討か
来年初め11カ国で発効

 アジア・太平洋11カ国間の包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)が来年初めに発効される。
CPTPPは、もともと米国が発案した貿易協定の環太平洋経済連携協定(TPP)をベースにしたものだが、トランプ政権発足後、同国が不参加を表明。その後日本主導で進められ、現在の枠組みとなった。
韓国は、昨年「加盟を検討する」と立場を保留していたが、金東兗経済副首相は23日、「主要20カ国首脳会議、太平洋同盟と本格交渉し、包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)などで経済の新原動力を創り出したい」と表明。本格的に加盟への検討を始める。
韓国や米中が参加をためらう理由は日本にあるとする解釈が聞かれる。自動車、基礎素材・部品など日本製品がこれまでより低い関税で入ってくれば、内需市場の相当部分を奪われかねないとの懸念があるためだ。
だが、米中貿易摩擦が激化するなか、米国が再加入を検討。中国も米国の動向などを視野に入れながら、加入を検討する動きが出てきており、韓国も加盟の検討を開始した。

2018-10-31 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません