ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年10月24日 11:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統領 文在寅政権実録(李相哲・著)
米朝会談後の韓半島情勢を探る

 本書は、中国で生まれ韓国出身の両親をもち、祖国である韓国を愛してやまない著者が「公正な立場」を意識しながらまとめた韓国現政権の実録である。
著者は、韓国と北韓はお互いの存在を強く意識しているとし、韓国内で異なる主張が国論を二分させているのは、北韓に対する愛憎によるものだと考察する。そして、韓国の左派政権の特徴は、韓国政府より北韓政府に正統性があると主張していることだとする。
穏健な改革派として登場し、支持を広げ、誰も気付かないうちに徐々に左へ方向づける。それまで政治に無関心だった大衆層の気分をつかみ、政権の座に就いたら人々の精神構造の在り方を変える。
本書を読み進めるうちに脳裏に浮かんできたのは、19世紀後半から20世紀に活躍した思想家アントニオ・グラムシの「ヘゲモニー論」だ。メディアや各種ネットワークを利用して巨大な「うねり」を作れとも指導している。
現政権の北韓への融和姿勢は、果たして平和をもたらすのか、あるいは国家を破壊してしまうのか。メディアは利用されているのか、知らぬフリをしているだけなのか。気分をつかまれた(かもしれない)大衆が、自らその是非を問う時期にきている。
産経新聞出版
定価=1300円(税別)

2018-10-24 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません