ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-11-14 13:25:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年10月24日 11:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】北朝鮮がつくった韓国大統領 文在寅政権実録(李相哲・著)
米朝会談後の韓半島情勢を探る

 本書は、中国で生まれ韓国出身の両親をもち、祖国である韓国を愛してやまない著者が「公正な立場」を意識しながらまとめた韓国現政権の実録である。
著者は、韓国と北韓はお互いの存在を強く意識しているとし、韓国内で異なる主張が国論を二分させているのは、北韓に対する愛憎によるものだと考察する。そして、韓国の左派政権の特徴は、韓国政府より北韓政府に正統性があると主張していることだとする。
穏健な改革派として登場し、支持を広げ、誰も気付かないうちに徐々に左へ方向づける。それまで政治に無関心だった大衆層の気分をつかみ、政権の座に就いたら人々の精神構造の在り方を変える。
本書を読み進めるうちに脳裏に浮かんできたのは、19世紀後半から20世紀に活躍した思想家アントニオ・グラムシの「ヘゲモニー論」だ。メディアや各種ネットワークを利用して巨大な「うねり」を作れとも指導している。
現政権の北韓への融和姿勢は、果たして平和をもたらすのか、あるいは国家を破壊してしまうのか。メディアは利用されているのか、知らぬフリをしているだけなのか。気分をつかまれた(かもしれない)大衆が、自らその是非を問う時期にきている。
産経新聞出版
定価=1300円(税別)

2018-10-24 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
太極旗集会に日本からも
特別裁判部設置にも国民的抵抗
国際的反米連帯の構築に躍起な文政権
韓国内戦、左・右の大激突
韓・米の対北共助決裂
ブログ記事
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
北韓軍に中部戦線の南侵路を開放した文在寅主思派政権を最戦線で糾弾
自由統一
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません