ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-03-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年10月24日 10:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
アジア経済短信

中国モバイル決裁 前年同期比73%増
中国人民銀行(中央銀行)は20日、第2四半期(4~6月)の決済システム運用統計を発表し、モバイル端末を使用した決済件数が前年同期比73・1%増加したことを明らかにした。決済件数は149億2400万件で、金額では60・2%増の62兆8800億元(約1010兆4000億円)だった。モバイル決済を含めた電子決済の件数は合計437億6800万件で、金額は584兆9900億元に達した。一方、モバイル決済以外のインターネット決済は138億7100万件で17・8%増、487兆3900億元だった。

現代自、印で小型車「サントロ」再販へ
韓国・現代自動車の小型ハッチバック車「サントロ」が、インドで再販されることが明らかとなった。サントロは、1998年に現代自動車がインド進出と同時に販売を開始したが、競争激化などにより2014年に販売を停止していた。新型サントロは1・1リットルのガソリンエンジンを搭載し、自社開発のAMT(セミオートマチックトランスミッション)技術を初採用したモデル。CNG(圧縮天然ガス)対応車も同時に販売する予定だ。同社は月間8000~1万台の販売を目指す方針。また、来年2月には、アジア、中東、アフリカ、南米などに向けてサントロの輸出を開始する見込みだ。

香港 電子タバコ全面禁止へ条例改正
香港の林鄭月娥行政長官が、10日に行われた施政報告(施政方針演説)に、電子たばこの全面禁止を取り入れた。対象は電子たばこを含む新タイプのたばこ全般。条例改正に伴い、販売や輸入、広報活動なども全面的に禁じる方針だ。林鄭行政長官は「市民の健康を守るため」としている。具体的には、15歳以上の喫煙率を現在の約10%から2025年までに7・8%へ引き下げたい考えだ。一方、自由党の邵家輝立法会議員は「ポピュリズムが過ぎる」として、今回の政府の決定を批判。たばこ関連業界で構成された煙草事務協会も「販売を全面的に取りやめると密売や密輸が横行する」などと懸念を示している。

2018-10-24 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
祖国を守るたけ決起「韓国自由民主主義...
限界に達した南・北の反日・反米連邦制構想
民団中央が定期中央委員会
従北政権の偽平和工作が破綻
「千里馬民防衛」が臨時政府樹立を宣言
ブログ記事
けんかのしかた
精神論〔1758年〕 第三部 第10章 貪欲について
米中戦争と反全体主義闘争、そして自由市民ネットワーク構築
反日種族主義の報い-大韓民国の解体
まもなく春が来る
自由統一
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません