ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高齢者人権報告書を発表
世代間の認識に差

 国家人権委員会は昨年5~11月に、全国の青年・壮年層(18歳以上~65歳未満)500人と高齢者層(65歳以上)1000人を対象に行った高齢者についての実態調査をまとめ、『高齢者人権総合報告書』として、10月2日の敬老の日に合わせ発表した。
質問事項は多岐にわたっており、興味深いものとなっている。
「尊厳ある死」に対して高齢者層の83・1%は「尊厳死に賛成し、無意味な延命治療には反対」の立場を取り、87・8%が「ホスピスサービスが活性化されることが望ましい」と答えている。
また「孤独死を憂慮している」と答えた高齢者層の割合も全体で23・6%に達し、70代で26・9%、80代で26・8%と、この世代が数値を引き上げていた。
世代間格差について、「高齢者と青年・壮年の間に大きな葛藤がある」と答えた高齢者層は44・3%だったのに対し、青年・壮年層は80・4%が答え、捉え方に大きな差のあることがこの調査からわかった。
人権委員会委員長は「年をとることは誰も避けることができない。しかし低い出生率、青年・壮年世代の経済的厳しさと世代間のコミュニケーション不足など高齢者世代が若い世代の負担だという社会的認識とともに、高齢者嫌悪という新しい現象が現れてきている」と憂慮を示した。

2018-10-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません