ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高齢者人権報告書を発表
世代間の認識に差

 国家人権委員会は昨年5~11月に、全国の青年・壮年層(18歳以上~65歳未満)500人と高齢者層(65歳以上)1000人を対象に行った高齢者についての実態調査をまとめ、『高齢者人権総合報告書』として、10月2日の敬老の日に合わせ発表した。
質問事項は多岐にわたっており、興味深いものとなっている。
「尊厳ある死」に対して高齢者層の83・1%は「尊厳死に賛成し、無意味な延命治療には反対」の立場を取り、87・8%が「ホスピスサービスが活性化されることが望ましい」と答えている。
また「孤独死を憂慮している」と答えた高齢者層の割合も全体で23・6%に達し、70代で26・9%、80代で26・8%と、この世代が数値を引き上げていた。
世代間格差について、「高齢者と青年・壮年の間に大きな葛藤がある」と答えた高齢者層は44・3%だったのに対し、青年・壮年層は80・4%が答え、捉え方に大きな差のあることがこの調査からわかった。
人権委員会委員長は「年をとることは誰も避けることができない。しかし低い出生率、青年・壮年世代の経済的厳しさと世代間のコミュニケーション不足など高齢者世代が若い世代の負担だという社会的認識とともに、高齢者嫌悪という新しい現象が現れてきている」と憂慮を示した。

2018-10-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません