ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
脳のMRIに保険適用
費用が3分の1に軽減

 保健福祉部は今月から脳・脳血管磁気共鳴画像(MRI)検査に対して保険をを適用すると発表した。
これまでかかったMRI検査費用の、約3分の1以下に患者の負担が軽減される。
これまでは脳腫瘍、脳梗塞、てんかん等の脳疾患の疑いでMRI検査を受けても、重度の脳疾患の患者のみに保険が適用されてきた。
それら疾患に該当しない患者は全額を自己負担しなければならなかった。これからは脳疾患が疑われるすべてのケースで健康保険が適用され、患者の検査費負担が減ることになる。
ただその場合でも、脳疾患と疑われる神経学的異常症状や、検査で異常と見られる所見がない場合など、医学的必要性がない場合は今まで通り健康保険の適用外の扱いとなる。
一方、MRIで脳や血管の検査をするなかで、脳疾患の診断が下されたり、症状の追跡調査のため特殊検査として脳部位をMRIで撮影する場合(胸部、腹部などの撮影は健康保険不適用)にも、健康保険が適用されることとなった。
その結果、病院によって全くバラバラであったMRI検査費用も標準化され、なおかつ患者はその一部を負担すればよいことになった。
例えば、総合病院で脳の一般MRI検査を受ける場合、以前は平均48万ウォン(36万~71万ウォン)の検査費用を患者が全額支払っていたが、これからは検査費用は約29万ウォンに設定され、患者はその約50%(医院級は30%、上級総合病院は60%)の14万ウォンを負担すればよいだけになる。
政府は今回の脳・脳血管MRIに続いて、来年には頭頸部、腹部、胸部、全身、特殊疾患のMRI検査に保険が適用できるようにするなど、段階的にすべてのMRI検査に健康保険を適用する計画だとしている。

2018-10-11 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません