ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
こころの家族 30周年記念式典

 社会福祉法人こころの家族(尹基理事長)は9月28日、大阪市内のホテルで創立30周年記念式典とシンポジウムを開催した。200人が集い祝福した。記念式典は、成美高校の生徒による獅子舞で幕を開け、呉景萬民団堺支部団長が開会を宣言した。
尹基理事長は、「キムチと梅干のある老人ホームを願い、堺市に1988年9月29日の創立以来、30周年を迎えた。現在、大阪、神戸、京都、東京と全国5カ所で施設展開を行い、この間、日本と韓国の福祉、文化の懸け橋となるべくまい進してきた。これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝する」と述べた。
続いて、竹山修身堺市長、山口典子堺市議会議長、呉泰奎駐大阪韓国総領事、原田憲治衆議院議員らの祝辞があり、金二泰民団大阪本部常任顧問が「こころの家族がめざしてきたものは、韓国と日本両国における共生社会の実現、韓日間の心のこもった交流に他ならない」と祝し、乾杯を先唱した。松井一郎大阪府知事らの祝電も披露された。
式典後に、シンポジウム「全羅道1000年~日韓をつなぐ」が行われた。

2018-10-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません