ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
帰国事業60周年プレシンポ開催
関係者らの帰国・里帰りを求める

 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会は6日、都内で「北朝鮮帰国事業60周年プレシンポジウム 予期される日朝首脳会議を前に在日帰国者らの帰国・里帰りを求める」会を開催した。
講師として、法政大学国際文化学部の高柳俊男教授、ジャーナリストの菊池嘉晃氏、同会の山田文明代表、在日脱北者の石川学氏、脱北者の損害賠償請求訴訟の原告代理人の白木敦士弁護士らが参加した。シンポジウムでは、北韓の帰国事業関連のビデオ上映の後、帰国事業開始時の状況や、北韓での脱北者の生活、この問題の解決とは何なのか、などについて活発な意見交換が行われた。

2018-10-11 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません