ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
8月の設備投資 6カ月連続減 統計庁
半導体需要に陰り

 統計庁は2日、「8月の産業活動動向」を発表した。 同報告書によると、8月の設備投資は前月比1・4%減、3月から8月まで連続6カ月のマイナスを記録することになった。
これは1997年9月~98年6月に次いで、もっとも長い。
数年間にわたり設備投資をけん引してきたのが、半導体関連。半導体投資が反映される生産設備など特殊産業用機械を含む機械類投資は8月、前月比3・8%減少した。半導体メモリの需要に陰りが見えてきたことから投資も減少傾向にある。
関税庁によると、半導体製造装置の1日当たり輸入額は昨年8月に6010万ドルだったが、今年8月は3210万ドルに半減した。
一方、自動車など輸送設備への投資は4・6%増、韓国政府の不動産規制緩和などの影響で、建築および土木工事がいずれも減少し、建設投資も前月比1・3%減少した。
現在の景気状況を表す同行指数循環変動値は98・9だった。4月から5カ月連続で下落している。これはグローバル金融危機直後の2009年8月(98・8)以来の最低値。未来の景気の目安となる先行指数循環変動値は99・4だった。前月比0・4ポイントも落ちた。16年2月以来の最大の下落幅となった。

2018-10-11 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません