ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
自動車産業の業績悪化
メーカー5社 いずれも減少

 現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国自動車メーカー5社が発表した9月の国内新車販売台数は、前年同月比17・5%減の11万130台となった。
各社の資料などによると、減少率は起亜(3万5800台)が25・4%で最も大きく、現代(5万2494台)が12・1%、双竜(7689台)が18・8%、韓国GM(7434台)が17・3%、ルノーサムスン(6713台)が8・8%だった。
一方、世界販売台数は67万8450台で、前年同月比8・5%減少した。
メーカー別ではルノーサムスン(1万4582台)が前年同月比44・3%減となり、最も減少幅が大きく、現代(38万4833台)は同6・6%減、起亜(23万3708台)は同6・4%減、韓国GM(3万4816台)は同13・5%減、双竜(1万511台、現地組立を除く)は同20・2%減となった。
今年に入り、自動車産業の不振は深刻化している。年間生産台数は9年ぶりに400万台を下回る可能性もあり、生産低下に伴い直接雇用が2・3%も減少。さらに倒産の危機に追い込まれた部品メーカーや下請け業者が相次いで会社更生法などの法定管理下に入った。業界からは自動車が「第2の造船業」になりかねないとの懸念が聞かれる。自動車産業は40万人を直接雇用しており、造船業の3倍に達する。主力中の主力産業である自動車産業が崩壊すれば、韓国経済全体が揺らぎかねない。

2018-10-11 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません