ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-12-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年10月11日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
李海瓉も「與敵罪」に該当 平壌で国家保安法廃止を発言
文在寅政権は「第2の南労党」か

 文在寅政権は、北の非核化を放棄し、対北支援のための雰囲気作りに余念がない。
一方、国内的には平壌側の督励の下、南北連邦制に抵抗する右派への弾圧、除去に拍車をかけている。
この連邦制推進と南北の連携による韓国社会の右派撲滅作業の中心的な役割を自任しているのが、文政権発足以来、青瓦台の任鍾晳秘書室長と暗闘してきた共に民主党代表の李海瓉だ。
以前から、左翼政権30年持続を主張してき李海瓉は、盧武鉉財団理事長の資格で、9・19平壌宣言による「10・4宣言」記念行事の訪北団を率い10月4日から6日まで、平壌を訪問、連邦制と韓国右派撲滅問題を平壌側と協議した。
北側はすべての媒体を動員し、韓国内右派清算を扇動、指令している。北側は文在寅が訪北中の9月18日~20日の間や平壌宣言後も「南北平和に反対する積弊勢力を銃殺しよう」などと毎日言っている。
対南宣伝の主体は金正恩の対南秘書の金英哲や部下の李善権だ。李善権は統戦部傘下の祖平統(祖国平和統一委員会)委員長だ。北側は李海瓉が率いた盧武鉉財団や共に民主党など従北勢力とはすでに「党の党」の同志関係だ。
文政権は、金日成・金正日・金正恩の3代世襲独裁の暴政は賛美し、元大統領らには悪辣に断罪している。何の物証もなく朴槿惠前大統領に懲役33年を言い渡した文政権は10月5日、李明博元大統領にも懲役15年と巨額の罰金や追徴金を言い渡した。高齢の全斗煥元大統領の裁判中だ。
李海瓉の突出行動は与党内でも問題となるほどだ。李が平壌で10月5日、最高人民会議副委員長の安東春に「私たちが政権を失うと、また(南北国会会談が)できないため、私の生きている限り絶対政権を奪われないようしっかりと心に決めている」と言った。
この李海瓉に、最高人民会議の常任委員長・金永南は、「金大中先生の崇高な志を奉じて統一偉業の達成に南の同胞も力を合わせて保守打破運動に……」と露骨に指図した。
李海瓉は文大統領に随行して訪北した9月19日も、「6・15首脳会談をし、盧武鉉大統領まではうまく進んだが、我々が政権を奪われたためその後11年間、南北関係が断絶し損失をもたらした」と言った。つまり南北関係の悪化は北側の責任ではなく、韓国の責任と言ったのだ。
また、国家保安法の廃止を生涯の目標にしてきた李海瓉は平壌で、記者団に「平和体制になるためには国家保安法などをどうすべきかを議論せねばならず、南北韓基本法も議論せねばならない」などと、敵の前で敵を規制する国家保安法の廃止問題を取り上げた。
統一部は盧武鉉財団などの訪北団を輸送するため空軍機を3機用意し、滞在費の名目で2億8000万ウォン(約25万ドル相当)を北側に支払った。国連安保理が禁止する現金支援だ。
統一部は、北韓情報ポータルサイトで北側の対南軍事挑発を犯した責任者の名前を消した。金正恩時代の対南挑発は金英哲だ。平昌オリンピックを契機に南北接触の前面に出た金英哲に配慮したのだ。サイバー攻撃などまったく触れていない。
文政権の郵政事業本部は板門店首脳会談の記念切手を発行した。朴正煕100周年記念切手の発行計画を取り消し、法律が反国家団体と規定している労働党首魁の顔を入れた切手を発行したのだ。

2018-10-11 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
韓国観光公社 KOREA MICE ...
司法を政治に従属させるクーデター
南北政権打倒に向け韓日有志が連帯
金正恩の韓国に対する最終攻勢本格化
「積弊」とされた元機務司令官が抗議自殺
ブログ記事
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
自由統一
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません