ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-10-21 23:01:56
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―153―

四人共同経営(二)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


「柳さんがこちらに訪ねて来られたのは、ぼくたち同じ国の人間同士、力を合わせて工場を経営してみようという考えからなんですよ」
「考えはいいけれども、まったく資本もなしにどうする?」
と、黄仁春君が不安気に聞いた。
「なければないで、始めるさ」
「柳さんの考えは風岡の工場を借りてやろうということなんだ」
と、崔仁煥君が口をはさんだ。
「あいつが貸してくれるかな」
「貸してくれるかどうか、まずは話を持ちかけてみなくちゃ」
「誰が話す?」
「もちろん、私が話すべきだろう」
「やってみなさい。でも、黄君と一緒にやるとは絶対に言っちゃいけないよ」
「ともかくできる限りの手を使って話をつけてみせるから、待っていてくれ」
私は果樹園の風岡を訪ねた。
「風岡さん。お久しぶりです」
「いらっしゃい、柳さん。久しぶりですな。噂では会寧に行っていると聞いたけれど、いつお帰りなさったんで?」
「三、四日前ぐらいになりますか…」
この間のよもやま話をしていると、宣明道君が現れて、私に挨拶した。風岡が言う。
「宣君、柳さんが久しぶりに来られたんだから、水蜜桃のいいやつをいくつか摘んできなさい」
宣君の摘んで来た水蜜桃を風岡と二人で食べていると、彼の妻がニコニコしながら出て来て、
「柳さん、お久しぶりでございます」
そう挨拶し、そばに座った。
「お二人のいらっしゃるところで、お頼みしたいことがあります」
「何ですか?」
「言いにくいことですが、工場を貸していただきたいんですよ」
「会寧での仕事に、何かあったんですか?」
「会寧での仕事は辞めました。ですから、お宅の工場を貸していただければ借用料のほうはお望みどおりお支払いしますので、どうか……」
「何てことをおっしゃる。借用料など問題じゃありません。私の経営できない工場で、誰であれいい作品を作ってくれさえすれば、それで満足です。まして柳さんが使うというのなら、無条件でお貸ししますよ。ところで、一人でやるとなると大変だから、誰かと一緒にやるあてはあるのでしょうか?」
「私は轆轤ができないので、轆轤に崔南星と崔仁煥……」
「三人でやりますか?」
「いいえ、もう一人いるんです」
「だれですか?」

2018-10-03 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
【映画】『鈴木家の嘘』(日本)
文在寅大統領を「與敵罪」で告発
傲慢な主思派政権への民心離反
李海瓉も「與敵罪」に該当 平壌で国家...
自由統一を放棄した民団
ブログ記事
人生はリセットできない
精神論〔1758年〕 第三部 第7章 分別くさい人々に対する情熱的な人々の精神的 優位について
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
自由統一
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません