ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「北韓産マツタケ、放射能検査はしたのか」―康容碩弁護士(元国会議員)―
南北頂上会談後、金委員長は文大統領に土産としてマツタケ2トンを贈った。政府はマツタケを、離散家族再会選定脱落者4000人に500グラムずつ配った。康容碩弁護士はこの発表があった9月22日、「日本の福島の水産物は輸入禁止なのに、北韓のマツタケはいいのか。北のマツタケのほとんどが核実験場の近隣で採られている」と批判した。北韓最大のマツタケ産地、七寶山は豊溪里核実験場と30キロメートルしか離れていない。脱北者の証言によると、核実験が始まった2006年から金王朝へマツタケを進呈しなくなった。

「訓練中断は戦闘力を弱化させる」―ロバート・エイブラムス駐韓米軍司令官内定者―
ロイター通信によると9月25日、ロバート・エイブラムス駐韓米軍司令官内定者は米国上院の軍事委員会に出席し、駐韓米軍の現在の状況に関して話した。エイブラムス氏は「駐韓米軍を撤収させた場合、戦略的に危険性が高い」「南北間の関係が改善し、非核化されても北韓の軍事力は脅威」「韓米連合の訓練中断は韓米連合軍戦闘力を弱化させる」と分析した。エイブラムス氏は「私が知る限り、来年の連合訓練は計画通り行われる見込み」と述べた。今年になって韓米連合訓練が2度中断された。

2018-10-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません