ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
各地で ダイジェスト

◆李栄姫大使夫人 オリニ土曜学校訪問
【東京】
李栄姫・駐日韓国大使夫人が9月22日、民団東京本部管轄のオリニ土曜学校東部教室(金秀吉校長、荒川区)を訪問した。今回の訪問は、駐日韓国大使館婦人会によるもの。東部教室には、李夫人のほか、金信子政務公使夫人、国防武官夫人、参事官夫人らも同行した。民団荒川支部の秦富澤支団長と3機関長、婦人会東京本部の李正子会長らが出迎えた。李夫人らはこの日、東部教室に賛助金を伝達。
李夫人は「子どもたちの民族教育に役立ててほしい」と述べた。夫人らはまた、同校で子どもたちの学習風景を見学した。
◆長寿セミナーで災害対策学ぶ
【大阪】
民団北河内支部は9月17日、同会館で「秋季同胞交流長寿セミナー」を開いた。支部団員や韓国語講座の受講生ら30人が参加した。
民団大阪本部の鄭炳采副団長(北河内支部直轄支団長)は挨拶で「大阪北部地震や台風21号の被災者の方々にお見舞い申し上げます。また、支部再建のためには皆さんの協力が必要です」などと述べた。続いて、大阪北部地震で被災した団員に対し、民団大阪本部から見舞金が伝達された。この日は、近年頻発している自然災害への対策を学ぶ「防災セミナー」が行われた。講師は、高槻市議会議員で防災士の資格を持つもりもと信之氏が務めた。もりもと氏は「災害はいつ起こるかわからないため、常日頃から備えておく必要がある」と述べ、参加者に注意喚起を促した。また、防災グッズ体験や非常用食品の試食など、様々な形で防災への意識向上を促した。セミナー終了後は、食事をしながら歓談したほか、様々な景品が当たる抽選会も実施された。

2018-10-03 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません