ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大失業時代の到来か
海外に活路求める若者も

 韓国の雇用市場が悪化している。8月の若年失業率が10%となり、通貨危機以降で最悪の数字に。これを受け「雇用低迷が直撃。若者が絶望の沼であえぐ」など各メディアでも大きく報道している。

 統計庁によると、今年の第2四半期の大卒以上の失業者は54万3000人で、前年同期比2000人(0・3%)増加した。
今回の統計結果は集計を始めた1999年の第3四半期以降、最大の失業者規模となった。IMF危機で、経済環境が大きく落ち込んだ当時でさえ、大卒失業者は27万6000人に過ぎない。今回の結果はその2倍にものぼる。
25~29歳の失業者数は18万1000人で前年同期比4000人(2・3%)増加、30~34歳の失業者は8万5000人、これを合算すると26万6000人で大卒失業者全体の49%を占める。
一方、高卒就業者の状況も惨憺たるものだ。
今年2月以降、7カ月連続で高卒就業者は減少している。今回の結果は1022万2000人で昨年同期比28万3000人(2・7%)減少した。これも連続した減少期間としては最長となる。
韓国経済を支える40~50代の失業者も同じく1999年以降、最大となった。失業者は37万8000人で、これも歴代2番目に多い数字だ。
これら失業率が過去最悪レベルに陥ったのは、韓国政府が最低賃金を大幅に引き上げたことや、労働時間を短縮するなど、企業に著しい負担を強いる政策を推進したことが原因だと見られている。
多くの専門家が「人件費の負担を軽くしたい経営者が採用を減らしたことで、失業率が上がった」と指摘しているのだ。
働き口を海外に求める若者も増えてきている。いっこうに改善されない国内の就職事情に見切りをつけ、海外で仕事をみつけようという動きだ。特に、人手不足に陥っている日本に向かう若者が増えている。日本で就業した韓国人が2万人を突破したとの報道もされている。そんな中、政府も海外での就職に対する支援制度を設けて、海外就職を後押ししている。
海外就業定着支援金と呼ばれる制度で、雇用労働部傘下の韓国産業人力公団が窓口となって行っている。
この制度を利用すると、就職先が先進国の場合は支援期間中、総計400万ウォンの支援金を得られる。それ以外の国の場合は2倍の総計800万ウォンを受け取ることができる。日本は先進国なので、日本で就職した場合、総計400万ウォンの支援金を受けることができるのだ。2015年から始まった制度だが、文政権もこの制度を継承し、支援額を増やした。
「国内がだめだから、海外での就職を推奨するというのは、国内産業の競争力を著しく落とす行為。優秀な人材が海外へ流出する危険性もある」と疑問を呈する声もある。

2018-10-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません