ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国の三権分立に弔鐘

 主思派政権の執拗な司法掌握の努力が、文在寅が任命した金命洙大法院長によって蹉跌なく進んでいる。梁承泰前大法院長と元大法官3人に対する検察の家宅捜索が9月30日に行われた。これは、主思派が司法を革命の道具化する本性を示す。
行政府が司法を掌握するのは、三権分立という民主政治制度のタブーを破ることだ。検察はこの日も、裁判所が梁前大法院長の車への家宅捜索のみを許可する令状で、自宅の書斎まで捜索を執行してコンピュータの記録装置を押収した。
大法院は10月1日、朴槿恵前大統領に対して拘束が満了する10月16日から2カ月間の拘束期間延長を決定した。この決定は2回の更新が可能だから、来年4月まで拘束裁判ができる。憲法は不拘束裁判を明示しているが、大法院が被告人の憲法上の権利を蹂躙した。
崔順実被告も3審裁判を全部拘束状態で受けることになった。今まで朴槿惠前大統領と崔順実、その他の被告の裁判過程で明らかになったのは、「国政壟断」について朴前大統領と崔順実はほとんど関係なく、当然証拠もない。
国政壟断の主犯は安鍾範(朴前大統領の政策調整首席秘書官)だったのが明確にありつつある。安鍾範は自分の犯罪を隠すため、すべてを前大統領と崔順実に転嫁したと見られる。
だが、これらの疑問について、裁判官たちは目を閉じた。結局司法府の奴隷化は、不拘束裁判の原則、罪刑法定主義、証拠主義裁判を守っていないという点で、司法府自ら招いた側面が大きいと言えるかも知れない。

2018-10-03 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
金正恩と文在寅打倒を訴えた日韓の有志たち(2月17日の午後、東京十条駅前)
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません