ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ヨンジョンの 毎日眞味<10>『梨汁入りキムチ』(ナバクキムチ) 
優しい甘さとさっぱりした酸味

 先週は韓国のお盆「秋夕」でしたね。秋夕で季節のごちそうとして欠かせないキムチは水キムチです。
梨汁の優しい甘さとさっぱりした酸味、秋の大根の歯ごたえが絶妙な秋のナバクキムチ(水キムチ)。ごちそうが並ぶ中、最初に食べたい一品です。韓国人にとって、ナバクキムチの汁の味は変わらない実家の味なのです。
■材料
大根=1/2本(700グラム)
にんじん=1/2本
長ネギまたは小ネギ=40グラム
韓国赤唐辛子=1本
塩=大さじ1・5
■キムチのり
水=100ミリリットル
上新粉=大さじ1/2
■汁の味付け
塩=大さじ1
しょうが=8グラム
にんにく=4片
梨汁=100ミリリットル
水=1・2リットル
■作り方
(1)大根と人参は4ミリの厚さでいちょう切りにし、塩大さじ1・5を振って混ぜ合わせ、15分ほど置く。
(2)長ねぎと唐辛子は小口切り、にんにくとしょうがは薄切りにする。
(3)「キムチのり」の材料を鍋に入れ、煮立てたら火を消して冷ましておく。
(4)大根と人参を流水で洗い水気を切って保存容器に入れ、長ねぎ、唐辛子、にんにく、しょうが、キムチのりを加える。
(5)4に汁の味付けの塩と梨汁と水を注ぎ、よく混ぜ合わせる。涼しい場所(常温)で1日置く。
(6)保存容器の汁の周りに小さな水泡が出来れば発酵している証拠。冷蔵保存し、冷やしてからどうぞ。
■ワンポイントアドバイス
・水キムチは少し酸味がある状態で食べると美味しいです。
・梨汁がない時は、甘味料小さじ1・5で代用します。砂糖は汁にとろみがつく場合があるので、おすすめできません。
・細挽き唐辛子粉大さじ1/2を入れ、ピリ辛にして楽しむのもおすすめです。

■プロフィル
キム・ヨンジョン(金姸貞)
韓国料理研究家。韓国・京機道富川出身。2児の母。体に優しく、素材の味を生かした本場のレシピが好評。韓国料理のレシピ本「うん!作ろう」シリーズ著者。メディア出演多数。韓国料理教室「韓サモ」主宰など、多方面で活躍中。ブログ「韓国料理店に負けないヨンジョンの韓国家庭料理レシピ・眞味」は、1日平均5000アクセス以上の人気を誇る。

2018-09-27 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません