ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ドンスコイ号事件で口座凍結
関係者21名を出国禁止処分に

 ロシア艦船ドンスコイ号をめぐるシニルグループ(現・シニル海洋技術)投資詐欺疑惑事件を捜査中の警察当局は、関係者21名の出国禁止と犯罪収益と見られる24億ウォン相当の口座を凍結、捜査はここに来て一気に加速している。
イ・ジュミン・ソウル地方警察庁長は17日の記者懇談会で「シニルグループ関係者9名の名義で作られた15の口座を凍結、現在まで21名の出国禁止処置をした」と明らかにした。
凍結した15口座の合計金額は24億ウォン。警察は今後、嫌疑に具体的裏付けがなされれば、これを国庫に還収する方針だ。しかしこの額は現在までに把握できているドンスコイ号投資総額の90億ウォンにはほど遠い。警察はすでに告発されているシンガポール・シニルグループ前代表のリュウ・スンジン容疑者と、すでに拘束されているドンスコイ号国際取引所代表のユ容疑者のほかに、投資詐欺に加担したとして6名を追加起訴、捜査を行っている。インターポールより国際手配されたリュウ容疑者が潜伏しているベトナム現地の公安と、検挙のために緊密に協力体制を敷いていると説明。シニルグループはドンスコイ号を引き上げる計画が最初からなかったにもかかわらず、船を引き上げたら莫大な利益が出ると宣伝し、仮想通貨を発行、2600人余から90億ウォンを集めたと見られている。

2018-09-27 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません