ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年09月27日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
起亜自動車 派遣社員をすべて正規職へ 
来年の完全実施で合意

 起亜自動車は20日、京畿道光明市の工場で19日に開かれた労組との会合で、2019年までに社内1300人の派遣社員を正規職として採用することで合意したと発表した。
今回の合意で、起亜自動車組立工場の生産ラインで勤務するすべての派遣社員が来年までに正規雇用へと変わる。労組との話し合いがまとまらない起亜自動車に対して、文政権が交渉を仲裁すると明らかにし2週間での合意となった。
現政権では非正規雇用を正規雇用へと転換する方針を打ち出しているが、経済社会労働委員会の仲介で双龍車が119人の解雇者を再び採用する案に合意。韓国GMに対して雇用労働部仁川北部支庁が9日、韓国GM富平工場の非正規職を「不法派遣」と判断。7月にも韓国GM昌原工場の非正規職744人を不法派遣と判断し、過怠金を科すなど、企業に対する規制を強化している。
自動車業界の関係者からは「派遣や下請けを認めなければ人件費負担が上昇する。現在製造業が不振で、自動車業界の景気も良くない。一方的に正規雇用化を推進すれば、業界が破綻する」との声もあがっている。

2018-09-27 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません