ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年09月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―151―

咸北陶磁器工場と私(五)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


火の調節だけ見ていればよかったから、楽な仕事だった。社長の家の食客となったのだが、使用人はもちろん、家族も私を尊敬してくれた。月給は百円で、家には月に三度帰った。
そんな頃、工場に帰っていたある日、崔勉在氏が京城に行ってきたと言いながら、私に会いに来た。
「黄氏も辞めたらしいね」
「黄氏って?」
「山水亭で働いていた黄氏ですよ」
「ああ、わかります。黄仁春君のことでしょう」
「共同経営とは難しいものです。朝鮮人でも日本人でも、野心のみなら長続きしないもんです。黄君と共同経営者だった風岡という男が一人でやりたいという野心を持ち、自宅に工場を移して一人で経営しているという噂を聞きましたよ」
 「欲張るからですよ。間もなく損ばかりして工場をたたむことになるでしょうよ」
「だから、柳先生も自力でやるべきですよ」
「いずれそのときがやってくるでしょう」
咸北陶磁器工場に入ってからは、これまでのところ別段大きな心配事はなかった。豊かな生活はできなくとも、家族が食べるには問題がなかった。だが私には冬が頭痛の種だった。体質上寒さに弱く、極寒の地で過ごすことを思うと心配でならなかった。
ソウルの家に戻ったときなど、会寧に帰るのが億劫だった。寒かろうとためらっているうちに三、四日が過ぎた。しかし私の来るのを待っていると思うと、どうしても行かざるをえなかった。
とうとう翌年の春、私は工場を辞める決心をして、社長に言った。
「社長さん、もう辞めようと思っているのですが……」
「お辞めになるって?」
突然の申し出に驚き、目を丸くした。
「どこか他にいいところでもあるのですか?」
「いいえ、次の仕事はとくに決まっていません」
「それじゃあ、もしかしてお手当てが少ないからでしょうか?」
「とんでもありません。私はこれといったこともしていないのに、どうして月給のことなど言う資格があります?」
「もう決心なされたのですからお引き留めしても仕方ないでしょうが、柳先生のいない工場のこれから先のことを思うと心配でしてね……」
「社長さん、私は他人に損害を与えたり迷惑をかけたりしません。きちんと火の専門家を一人育てて、その者が完全に一人立ちできるようにしてから辞めることにします」
「ありがとうございます。柳先生は心のきれいな方ですから、いつかきっと成功しますよ」

2018-09-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません