ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年09月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】関東大震災の直後 朝鮮人と日本人(西崎雅夫・編)
なぜ虐殺事件は起きたのか 歴史の証言集から教訓学ぶ

 実際に起こった歴史上の事実を、なかったことにはできない。
1923年9月関東大震災発生時、流言飛語により多くの朝鮮人が虐殺された。流言の拡大に積極的に関与したのが当時の内務省だったため、日本政府は事実隠蔽を徹底して行った。
しかし、時の流れは被せた蓋を押し流していく。本書は、当時の出来事の描写を集めた証言集である。志賀直哉、黒澤明ら文化人を含む53人の記述、それに子どもの作文を含め市井の人々が残した記録など、合わせて147人の証言がまとめられている。
震災直後の異様な雰囲気、朝鮮人が決起して襲ってくるという噂におびえる人々、殺気立つ自警団が暴走していく様子などが鮮明に浮かび上がる。
その動乱のなか、ひとりのおかみさんが朝鮮人が暴動を起こしたというのはおかしいと言って、知り合いを諭す場面がある。情報を真に受けず、自分で判断することの大切さを説いたものだ。95年後の今日はどうだろうか。情報が氾濫する現代こそ、おかみさんのような冷静さが求められる。
編者は、過去の災害から学ぶことは多く、とりわけ関東大震災からは朝鮮人虐殺事件の教訓を痛切に学ぶべきとしている。
ちくま文庫刊
定価=900円(税別)

2018-09-20 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません