ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年09月20日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
GTI博覧会、盛況裏に閉幕
850社・1万人のバイヤー参加

博覧会に参加した在日世界韓人商工人連合会の面々

 「2018広域豆満江開発計画(GTI)国際貿易・投資博覧会」が今月13日から16日まで、江原道東海市ウェルビーイングレポーツタウン一帯で行われ、盛況となった。
江原道によると、今回の博覧会には世界50カ国850社が参加し、バイヤー1万人、来場者10万人に達するなど歴代最高記録を更新した。江原道はまた、今回の博覧会で達成したビジネス相談は1494件(6700億ウォン)で、このうち契約推進額は715件(1700億ウォン)を記録し、前年比37億ウォン増加したことも明らかにした。海外の参加企業は日本、中国、豪州、マレーシア、モンゴル、ブータンなど。
「新東北アジア時代 協力―発展―相生」をテーマに開催された今回のGTI博覧会では、世界韓商指導者大会や冬季オリンピック開催地経済協力フォーラム、GTI経済協力フォーラムなど、メインイベントに並ぶグローバルな会合も活発に行われた。江原道が北方市場開拓の中心地域であることをアピールした点で評価できる。日本からは、在日世界韓人商工人連合会メンバー、江原道の姉妹都市である鳥取県などが参加した。
一方、大会のキーパーソンたちは、博覧会に対する期待感を露わにした。
韓昌祐大会組織委員長は「GTI博覧会が、世界へと躍進する江原道、そして東北アジア地域の新たな価値と協力を創造する地域最大の経済韓流イベントとして伸長させていきたい」と語った。
崔文潤江原道知事も「初回の大会では6カ国だった参加国が、今回は50カ国へと飛躍的に成長した。これまで以上に早く、より大きく発展させていきたい」と抱負を語った。
(東海=李民晧)

2018-09-20 3面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません