ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
健康管理にも所得格差鮮明

 高血圧、糖尿病などの慢性疾患で所得水準別の階層化が広がっている。
仁済大ソウル白病院腎臓内科の発表によると、全体的には慢性疾患に対する適切な健康管理の比率は2010年の40・4%から15年の56・7%と16・3%も上がっている。慢性疾患管理に対する患者側の認識は向上したが、これを所得水準で分けてみると違う様相が見えてきたという。
所得の一番低いグループ(下位25%)では健康管理の比率が、10年41・2%から15年の54・1%へ12・9%増加したが、所得の一番高いグループ(上位25%)は、同じ期間で42・4%から59・7%へ17・3%の増加を見せた。下位と上位グループの差は10年には1・2%であったが、15年には5・6%に広がった。
全人口の一人当たりの月平均治療費は10万ウォンを越え、65歳以上では30万ウォンを越える。研究チームは、月収150万ウォン未満の低所得者層の必須医療費の利用負担がこのような階層化を深めていると見ている。

2018-09-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
立証された韓日GSOMIAの効用
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません