ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
けんかで相手を侮辱
100万ウォンの支払い命じる判決

 ソウル中央地裁は1日、街中でのけんかで相手を侮辱した行為に対する慰謝料請求訴訟で、被告に対し100万ウォンの支払いを命じる判決を下した。
A氏は昨年、ソウル市内のあるカフェの前の駐車場で、B氏と言い争いになった。B氏が無断で駐車した後、謝罪もせずに出て行こうとしたと考え、トラブルとなった。言い争いの末、B氏は人々の見ている前でA氏を「ミッチンノム」(俗語)と罵った。
B氏は、A氏を侮辱した容疑で裁判所から罰金30万ウォンの略式命令を受けた。その後、A氏はB氏を相手取り慰謝料請求訴訟を起こした。
裁判所は「被告は原告を罵り、侮辱し、これにより原告が精神的苦痛を受けたことは経験則上、明白である」とし、「被告は原告にせめて金銭的にでも慰労する義務がある」と述べた。
A氏は当初、慰謝料の金額を1000万ウォンとして請求していたが、裁判所は「事件の発生経緯、侮辱の程度、回数、被告の罰金額などを参酌し、100万ウォンとするのが妥当」とした。
判例の積み重ねが、弱者救済の意味でも言葉の暴力の減少につながっていくのであれば望ましいことである。一方で、日常に法律が入り込んでいく場合、経済的・政治的圧力にものを言わせる過度の訴訟合戦につながっていかないか危惧される。

2018-09-12 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません