ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年09月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
統計庁 8月の物価指数1.4%増
猛暑の影響で野菜など高騰

 統計庁は4日、「8月の消費者物価動向」を発表した。
同調査によると、8月の消費者物価指数は前年同月比1・4%上昇した。
記録的な猛暑で野菜を中心とする農産物の価格が高騰したが、政府が電気料金の引き下げ策を取ったことで1%台となった。
物価上昇率は11カ月連続で1%台。昨年9月に2・1%を記録した後、翌月から今年8月まで1%台を維持した。
猛暑などの影響により、農産物の価格は1年前に比べ7・0%上昇した。これらは全体を0・33ポイント押し上げた。特にコメ、トウガラシ、スイカなどが2桁上昇となった。
特に、野菜の価格は前月比で30・0%上昇し、2016年9月(33・2%)以来の上昇幅を記録した。
石油類の価格は前年比12・0%上昇し、全体の物価を0・52ポイント押し上げた。軽油が13・4%、ガソリンが11・0%それぞれ値上がりした。
一方、電気・ガス・水道など光熱費は1年前に比べ8・9%下落した。使用量が多いほど料金が高くなる累進制の基準区間を7~8月に調整したことによる一時的な効果で、電気料金が16・8%下落したためだ。
生活実感に近い、生活物価指数の上昇率は1・3%だった。
コア指数(物価の長期的な流れを示すもので、農産物とエネルギーを除く)は0・9%上昇した。
なお、統計庁では今回の調査について「電気料金引き下げによる一時的効果で物価上昇率は1%台にとどまった」と述べている。

2018-09-12 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません