ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-04-24 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年09月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―149―

咸北陶磁器工場と私(三)

柳根瀅
高徹・訳/馬瑞枝・画


「値段が上げられないのでしたら、いっそうのこと買い手側の運賃負担とすれば……」
「それについては現在交渉中なんですよ」
話していると、夕食がでてきた。
「夕食までご馳走になるのは……」
「何をおっしゃられます。家まで訪ねてこられた方に、そのまま帰すなんてことができますか」
「でも、先生が永登浦にいらっしゃったときには何の接待もできませんでした……」
「そのときとは立場が違うじゃありませんか。外の客地にいる人と自分の家にいる人とでは、立場が同じじゃないですよ。そんなことは言わないで食事でもなさって、夜は泊まって一緒にゆっくり話しましょう。さあ、一杯やりませんか」
 「酒は好きなほうではありませんので……」
「それなら酒は勧めません。食事でもたくさん召し上がってください」
食後、勉在氏が言った。
「さっき暇だとかおっしゃったけれど、永登浦での仕事はどうなりました?」
「辞めました」
「どうして?」
「共同経営というのは実に難しいもんです。私も心が寛大ならこうして暇をもて余したりしなくてすんだのですが……」
「何度も行ってみたけれども、柳さんが経営しているとばかり思ってましたよ。資本主が他にいたんですね。その人の干渉がきつかったんですか」
「とにかく、その話はよしましょう。長く話すと相手の悪口が出てきますので……」
話がはずみ、その夜は崔氏宅に泊まった。
翌朝、彼は工場の従業員たちに私を紹介した。
「せっかくこちらにまで来られたんだし、咸鏡北道で一番大きい陶磁器工場を見学しませんか?」
「どこにあるのでしょう? 案内さえしていただければ……」
「昨日いらっしゃる途中でご覧になられたはずですが」
「大通りにあった『咸北陶磁器工場』のことですか?」
「ええ」
「誰の経営か知りませんが、とても大規模な工場のようでしたよ」
「あんな大工場の経営を他に誰ができますか。言うまでもなく、残念ながら日本人ですよ」
「崔先生もよくご存知ですか?」
「もちろん知ってますよ。社長も私の工場によく来るし、私も何度か行ったりして、つきあいがありますよ」

2018-09-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
ミキ・デザキ監督・イ・ジャンフン監督...
文在寅政権 国民を人質にして同盟に挑戦
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓国が5G分野主導
米中戦争で決まる韓半島の未来
ブログ記事
対北海上遮断作戦に韓国だけが不参
国民・大衆にも責任がある
米国が文在寅政権に「米・韓・日共助」を圧迫する理由
イスラエルのシリア軍基地爆撃で北韓ミサイル技術者が死亡
審判連帯のロゴ・ソング
自由統一
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません