ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2018年09月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
ワン・インスピレーション~韓国の伝統文化から見つけた最初のアイデア~
文化院・シロタ画廊で展示会開催

韓国の四季の映像を韓国固有の石物「ムルハク」に映し出した作品
 優秀な展覧会を海外に紹介する「トラベリング・コリアン・アーツ」事業の一環として、韓国国際文化交流振興院は「ワン・インスピレーション~韓国の伝統文化から見つけた最初のアイデア~」展を主催する。韓国のサビーナ美術館主管、韓国大使館、韓国文化院、シロタ画廊共催で、韓国文化院ギャラリー1階(東京都新宿区四谷4―4―10)、シロタ画廊(東京都中央区銀座7―10―8)の2カ所を会場として開催される。
伝統文化は、民族の過去と現在、そして未来を繋ぐ懸け橋であると同時に、芸術家に無限のインスピレーションを与える「アイデアの源泉」でもある。
会場には、国内外で積極的に活動している韓国人作家8人の独創的な作品が並ぶ。伝統文化をモチーフにどうやって作品が生まれたのか、その創作過程を明らかにする試みがなさ
新進気鋭の作家8人衆
れる。
ハングル、韓紙、十長生、トッケビなど、長い間継承されてきた有形・無形文化遺産の紹介も興味深い。
同じ東アジア文化圏に属する日本で展示することにより、両国の伝統文化の類似性と独創性を探るとともに、日本のアーティストに刺激を与えるきっかけになれば、と関係者は期待を寄せている。なお、シロタ画廊では新作が発表される予定だ。

韓国文化院=9月19日まで開催中。10時~17時
シロタ画廊=9月15日まで開催中。11時~19時

2018-09-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません