ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
葬儀会社従業員が警察無線を盗聴
いち早く情報を得て同業者出し抜く

 釜山南部警察署は8月27日、葬儀会社の従業員4名とその共犯として葬儀会社社長ら4名の合わせて8名を通信秘密保護法違反容疑で逮捕した。119の無線を盗聴し、事故現場からの遺体の運びだし・葬儀場への引き渡しなどの業務を占有し、不法な手段で約15億ウォンの収益を得ていたとみられる。
警察によると、容疑者らは2015年から住宅街に盗聴用の無線機と仲介用の携帯電話をそろえた「状況室」を用意、3~4のチームを組織し交代で24時間無線を盗聴していた。さらに釜山消防安全本部のホームぺージに常時アクセスし、通報の受付け時間や場所などの情報を確認し利用していた。これらの情報を得ることで同業者より先に釜山地域の死亡情報を得て、現場に先行して遺族から礼金を受け取り、遺体を特定葬儀場まで運んでいた。遺族だけではなく、葬儀場からも礼金を得ていたという。警察は容疑者らが3年6カ月の間に1000以上の遺体を不法に取り扱ったとみている。
警察は「従来の119の無線はアナログ方式だったので盗聴に対し脆弱だった」と弁明。05年から17年の間に、釜山地域だけで同様に119の通信を盗聴した葬儀会社の犯罪が3件あり、しかも全て釜山地域で摘発されたものだった。
「通信の脆弱性を利用した犯罪が何度も繰り返されているのに、警察は改善するつもりがないのか」との批判の声が上がっている。

2018-09-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません