ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-21 09:12:30
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2018年09月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
住宅関連方案わずか9カ月で見直しへ
税優遇制度利用の事業者急増で

 文在寅政権は、登録賃貸住宅に対する税金・貸し出し優遇を縮小する方針だ。昨年12月に不動産取得税減免、総合不動産税合算排除、長期保有特別控除(共済)などの優遇制度を組み込んだ「賃貸住宅登録活性化方案」を発表した影響で、登録賃貸事業者が昨年末26万人から今年7月末までに33万6000人と急増したからだ。金賢美国土交通部長官は先月31日、記者懇談会の席上、「登録賃貸住宅に対する税制優遇に一部欠陥部分がある」として、「改善策を関係機関と協議中」と述べた。
金長官は「賃貸登録活性化は無住宅者が8年以上居住することができるようになる効果がある」としつつも「賃貸登録の税優遇の恩恵を逆利用する傾向が一部ある」と説明した。 
政策発表から9カ月で、優遇制度の再度見直しを進めることで、不動産市場が混乱するのではとの懸念が高まっている。

2018-09-05 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
米のファーウェイ排除に同調せず
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません