ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2018年09月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 4年に1度のアジア大会が閉幕した。日本では、実に24年ぶりとなる総合2位への躍進が話題となった。2020年の東京五輪に向け、従来以上に実力のある選手を派遣したことが要因だろう▼アジア大会で長らく中国に次ぐ2位の地位を維持してきた韓国は、今回総合3位で大会を終えた。韓国のアスリート、特に男子選手にとって、アジア大会が持つ意義は大きい。金メダリストは兵役が免除されるためだ▼中でも注目を集めたのが男子サッカーだ。アジア大会では初となる韓日決戦に臨んだ韓国代表は、オーバーエージ枠も使って最強の布陣を組んだ。23歳以下の選手をベースに、年齢制限のないA代表でエースを務める孫興民率いる韓国代表は、2年後を見据えて全員21歳以下の選手で構成された日本代表と延長戦にもつれ込みながら、21で勝利した▼こうして韓国史上最高のストライカーは、英国でのプロ生活を続けられることとなった。▼今回の大会で、韓国の選手たちの活躍はめざましいものがあるのは確かだ。しかし、国力の低下がスポーツの世界に如実に表れたのも事実だ。文在寅政権下で諸般の政策に右往左往している現状が反映された形だ▼平昌冬季五輪で見せた拙速な南北統一チームづくりに象徴されるスポーツに政治をからめた状況は、勝負を通じて結果を残すスポーツ本来の姿からすれば、違和感が残る。長年、練習に練習を積み重ねてきた選手からすれば、やる気を失う結果にしかならない。本来の韓国の底力を発揮してほしいものだ。

2018-09-05 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません